忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




[PR] |
ラブプラス3DSを岩田社長と語る
http://www.nintendo.co.jp/3ds/interview/creators/vol6/index.html
岩田社長VS内P
1. 「お義父さん(おとうさん)」と呼ばれて

岩田

今日は『ラブプラス』(※1)シリーズのシニアプロデューサーである
KONAMI(※2)の内田さんにお訊きします。
内田さん、ご足労いただきありがとうございます。

内田

はい、よろしくお願いいたします。

※1

『ラブプラス』=2009年9月、ニンテンドーDS用ソフトとして発売されたコミュニケーションゲーム。現在、シリーズ最新作『Project ラブプラス for Nintendo 3DS(仮称)』をニンテンドー3DS用ソフトとして開発中。

※2

KONAMI=株式会社コナミデジタルエンタテインメント。

岩田

あの・・・内田さんは、ファンのみなさんから
“義理の父”と書いて“お義父さん(おとうさん)”という
愛称で呼ばれていますよね。

内田

ええ、はい(笑)。

岩田

これはゲーム業界はじまって以来のことかと思うんですが、
はじめてあの愛称で呼びかけられたとき、
「えらいことが起きたな」と思われませんでしたか?

内田

いや、おっしゃるとおりです。
でも最初は、何を言われているのかよくわからなくて・・・。
ちょっと前に、プライベートで子どもが生まれたので、
そのことを言われているのかなって(笑)。

社長が訊く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初代ラブプラスが出た時にいつかはくると思っていましたが
まさか
マジで世界の任天堂の社長が
ラブプラストークをするとは・・・
熱すぎる
そして3DSの不振は結構深刻でありながら
ラブプラス3DSの発売で状況が変わる可能性を期待しているのでは

今日は大阪へ行くので8年ぶりに夜行バスなう
wimaxでどこでも記事がかけるは素晴らしい。
8年前上京するバスに乗った時には思いもよらなかったなぁ





 




拍手[2回]

PR



ラブプラス3DSを岩田社長と語る | Comments(0) | TrackBack(0) | ニュース

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| ねこたつU(´・ω・`)U |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]