忍者ブログ
ミヨシのTOR-BT02折り畳みキーボードとArc touch mouse Surface Editionの感想
Winタブレットに移行した為
Bluetoothキーボード
TOR-BT02をゲットしました
今までネクサス7の蓋にもなる
アンドロイド用
英語配列を使ってたんだけど
やっぱり日本語切り替えと
@やーの記号入力に時間が掛かりすぎて
かなりストレスが溜まりまくった結果
情報を漁りまくりこれを発見
仕事上必須と速攻でポチりましたとさ
あと俺はWinキーのショートカットを
激しく多用するのでWin専用キーボードでないと
作業効率が落ちるも理由のひとつ
同じ折り畳み日本語Winキーボードの
リュウドと散々悩んだ結果
F1からF10までフルで使えること
マイクロUSBがついてて有線でも接続出来るという点から
ミヨシのこれにしました。
 
キー配列にちょっとくせがあるけど
携帯性とサイズ感、本体のクォリティから
リュウドよりこっちの方がいいと思うね。
何よりリュウドは他メーカーのOEMで
安っぽい似たようなのがいっぱいあるのが
・・・ちょっとね。
ガジェットは見た目も大切。
その点こっちは作りに関しては満足
薄い軽い!、そのくせ剛性感もそこそこある
飛び石タイプのVAIOを愛用してきた身としては
このサイズとしては打撃感、追従感も十分
かなり高速入力しても十分拾ってくれます。
反応の悪い、企画1時代から比較すると
Bluetoothもようやくここまで来たかと感無量
気になるところとしては
・左に基盤があるので
左に間延びしてなんか落ち着かない
センターに手を置きたくなるんだよなぁ
・分かってたけどEnterが小さい。
右shift いらないから大きくして欲しかった
あとね
「B」ですよ「B」
なんでヒンジより右にあるのか?
その分ヒンジ左のVが長いという折り畳み仕様
これ二つBキーがあっても絶対左に入れた方がよかったのでは?
ブラインドタッチで一番打ち間違うのはBです
もはや意識していないと100%やらかします。
とはいえ評価としては90%以上で満足
リュウドより1000円以上安いし、軽くて薄い
ArcTouchマウスを
常時メディスンバッグに入れてる
俺としてはいい買い物をしました。
あ、ケースもかなり良いです、中で4つの収納に分かれてて
大きな収納二つと小さい収納二つ
ここにキーボード、ArcTouchマウス、MicroUSBケーブル、
MicroUSB>USB変換ケーブルがぴったり収まる
これは予想外だった。
そして裸で傷だらけにしていた自分としては
保護の観点からもかなりうれしい誤算です。
ミヨシTOR-BT02
1の時代は問題あったみたいですが
改良された2はお勧めです
ついでに
microsoftのArc touch mouse Surface edition も買いました。
うーん、散財。
今までUSBのアークタッチを使ってたんだけど
ブルートゥース版でしかも艶消し
これは買わない理由が無い
使い勝手の良さ(主に持ち運び面)は
十分、旧バージョンで把握していたので
迷うことなき完成度の高さ、混線もしていないし
便利すぎてUSBの旧ArcTouchの
使い道が無くなってしまったw

拍手[3回]

PR



ミヨシのTOR-BT02折り畳みキーボードとArc touch mouse Surface Editionの感想 | Comments(0) | オススメ

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| ねこたつU(´・ω・`)U |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]